2024年4月開講!本講座のご案内

お知らせ

開講期間

前期 2024年4月~2024年9月
後期 2024年10月~2025年3月
毎週火曜日 19時半配信(途中参加可能・見逃し配信あり)

参加費・申込み

年額12000円(機材の費用やインターネット接続料などは受講者の負担となります)
受講にはお申し込みが必要です。下記のページから行ってください。

講座内容(前期)

法蔵菩薩の願い―大無量寿経の48願(前期)

法蔵菩薩は衆生救済のために48の願いを建てました。この菩薩の願いこそが私の救われる根拠であり、浄土の教えの源流です。この講義では親鸞聖人の視点をもとに、48の願いすべてを俯瞰し、そこに表された仏と人間の究極の願いを尋ねていきます。(通年の講義の前期です)

(1)4/2 第1~4願 一切平等の世界はひらかれた 
(2)5/7 第5~10願 衆生救済の力
(3)6/4 第11願 弥勒菩薩を超えて 
(4)7/2 第12~15願 破られた浄土の境界
(5)8/6 第16~17願 その菩薩の名は宇宙に響く
(6)9/3 第18願Ⅰ 南無阿弥陀仏が私をつらぬく

講師 瓜生 崇(真宗大谷派玄照寺住職)
東京都生まれ。電気通信大学中退。浄土真宗親鸞会講師、システムエンジニアを経て、2011年から真宗大谷派玄照寺(滋賀県東近江市)住職。「浄土真宗の法話案内」運営。響流書房代表。
主な著書『なぜ人はカルトに惹かれるのかー脱会支援の現場からー』(法蔵館)など。

はじめて読む『阿弥陀経』

『仏説阿弥陀経』は、浄土真宗だけでなく、様々な宗派の仏事で読まれており、日本人にもっとも馴染みの深い経典の1つです。それは、この経典が分量的に短く、また内容も簡明だからかもしれません。ただ、親鸞聖人は、そこに独自の意味を見出しております。そこでこの講座では、まず『阿弥陀経』の内容を概観し、次いで、親鸞聖人の『阿弥陀経』理解を考えていきたいと思います。

(1)4/9 『阿弥陀経』の概要
(2)5/14 「極楽段」を読む
(3)6/11 「六方段」を読む(上)
(4)7/9 「六方段」を読む(下)
(5)8/13 親鸞聖人の『阿弥陀経』理解(上)
(6)9/10 親鸞聖人の『阿弥陀経』理解(下)

講師 青柳 英司(親鸞仏教センター嘱託研究員)
栃木県生まれ。大谷大学大学院博士後期課程真宗学専攻修了。博士(文学)。同大学助教、親鸞仏教センター常勤研究員、大谷大学真宗総合研究所東京分室PD研究員を経て、現職。主な論文に、「鎌倉期仏教文献としての『教行信証』―題号の「真実教行証」に着目して―」(『近現代『教行信証』研究検証プロジェクト研究紀要』3、親鸞仏教センター、2020年)、「如来回向思想の背景について」(『現代と親鸞』46、親鸞仏教センター、2022年)など。

「煩悩」からみる私のありさま (初期インド仏教)

ブッダはすべての「煩悩」を断じたものであると言われます。逆に言えば、私たちは「煩悩」をそなえた存在だということです。だから、大晦日には鐘を撞き「煩悩」を払おうとしたりします。しかし、それでブッダになった人を見ることはありません。
では実のところ、「煩悩」とは何なのでしょうか。本当は、どうしたら断じることができることができるのでしょうか。「煩悩」をそなえた私とはどのような存在なのでしょうか。初期インド仏教の記述をもとに確かめていきたいと思います。

(1)4/16 ブッダになるということ
(2)5/21 煩悩 —苦しめ煩わせるもの—
(3)6/18 貪りのありさま 
(4)7/16 怒りの根源
(5)8/20 無明 —私たちはなにを知らないのか—
(6)9/17 108の煩悩とその断じ方

講師 梶 哲也(真宗大谷派教学研究所助手)
1982年生まれ。大谷大学大学院博士後期課程(仏教学)修了。博士(文学)。大谷大学文学部任期制助教などを経て、現職。正念寺(奈良県香芝市)衆徒。大谷大学非常勤講師。光華女子大学非常勤講師。対法雑誌刊行会会員。研究領域:初期インド仏教・説一切有部・煩悩論

親鸞聖人の生涯とその教え

親鸞聖人は今から約850年前の1173年に誕生され、90年の生涯を歩まれました。では、その生涯はどのようなものだったのでしょうか。また、生涯をかけて明らかにされたことは何だったのでしょうか。
親鸞聖人の生涯と教えを学ぶときに特に大切なのが、師である法然上人とのであいです。本講座では、そのことを中心にゆっくり学んでいきたいと思います。

(1) 4/23 親鸞という人
(2) 5/28 法然上人とのであい
(3) 6/25 流罪
(4) 7/23 三部経千部読誦
(5) 8/27 主著『教行信証』の執筆
(6) 9/24 いなかの人々との関わり

講師 青木 玲(九州大谷短期大学准教授)
福岡県生まれ。大谷大学助教、真宗大谷派教学研究所助手、九州大谷短期大学講師を経て、2019年より現職。九州教区覺圓寺衆徒。主な著書に『はじめての「正信偈」』(九州大谷短期大学仏教学科)、『はじめて学ぶ『阿弥陀経』』(真宗大谷派久留米教区)がある。

特別講義 4/30 松金 直美(真宗大谷派教学研究所研究員)宗学の歴史―近世から近代へ

特別講義 7/30 岩田 文昭(大阪教育大学教授) 浄土思想―物語の力

講座内容(後期)

『尊号真像銘文』に学ぶ ―根本言の証人と証文

(1)10/1
(2)11/5
(3)12/3
(4) 1/7
(5) 2/4
(6) 3/4

講師 加来 雄之(親鸞仏教センター主任研究員)
1955年京都府生まれ。大谷大学文学部仏教学科卒業。大谷大学大学院博士後期課程(真宗学)満期退学。元大谷大学文学部真宗学科教授。大谷大学名誉教授

中国仏教 漢訳僧列伝

(1)10/8
(2)11/12
(3)12/10
(4) 1/14
(5) 2/11
(6) 3/11

講師 釆睪 晃(大谷大学教授)
大阪府生まれ。明治大学文学部文学科卒業。大谷大学文学部仏教学科卒業。博士(大谷大学)。真宗大谷派擬講。真宗大谷派長光寺(滋賀県高島市)住職。

本願寺の東西分派を考える

(1)10/15
(2)11/19
(3)12/17
(4) 1/21
(5) 2/18
(6) 3/18

講師 太田 浩史(真宗大谷派大福寺住職)
1955年富山県生まれ。
日本民藝協会常任理事。となみ民藝協会会長。

法蔵菩薩の願い―大無量寿経の48願(後期)

(1)10/29
(2)11/26
(3)12/24
(4) 1/28
(5) 2/25
(6) 3/25

講師 瓜生 崇(真宗大谷派玄照寺住職)
東京都生まれ。電気通信大学中退。浄土真宗親鸞会講師、システムエンジニアを経て、2011年から真宗大谷派玄照寺(滋賀県東近江市)住職。「浄土真宗の法話案内」運営。響流書房代表。
主な著書『なぜ人はカルトに惹かれるのかー脱会支援の現場からー』(法蔵館)など。

特別講義 10/22 ※15時〜 池田勇諦(同朋大学名誉教授)  浄土真宗を学ぶ

ikeda

わかりやすい浄土真宗のお話だよ!みんな聞きに来てにゃ!

タイトルとURLをコピーしました