2023年4月開講!本講座のご案内

お知らせ

開講期間

前期 2023年4月~2023年9月
後期 2023年10月~2024年3月
毎週火曜日 19時半配信(途中参加可能・見逃し配信あり)

参加費・申込み

年額12000円(機材の費用やインターネット接続料などは受講者の負担となります)
受講にはお申し込みが必要です。下記のページから行ってください。

講座内容(前期)

七高僧の歴史とその教え(前期)

親鸞聖人は『正信念仏偈』の中に、真実の仏教を明らかにした七人の高僧の名とその教えを上げています。これは南無阿弥陀仏のすくいが決して法然や親鸞の独創ではなく、釈尊の覚りから湧き出た究極の仏道の姿であり、それが間違いなく私自身の救いであることを、大乗仏教の長い歴史から明らかにされたかったのでしょう。無数の人々によって紡がれ深められ、今まさに私達のところに届いている浄土の教え。この歩みを源流から振り返り、共に学んでみませんか。(通年の講義の前期です)

(1)4/4 龍樹Ⅰ 一切に実体は存在しない、この私も。
(2)5/2 龍樹Ⅱ 終わりなき菩薩道と易行の道。
(3)6/20 世親Ⅰ この世界はすべて我が心の投影である。
(4)7/4 世親Ⅱ 私はあらゆる衆生と共に浄土往生を願う。
(5)8/1 曇鸞Ⅰ そして彼は不老長寿の経典を焼き捨てた。
(6)9/5 曇鸞Ⅱ 他力とはなにか。そして「名」による救いとは。

講師 瓜生 崇(真宗大谷派玄照寺住職)
東京都生まれ。電気通信大学中退。浄土真宗親鸞会講師、システムエンジニアを経て、2011年から真宗大谷派玄照寺(滋賀県東近江市)住職。「浄土真宗の法話案内」運営。響流書房代表。
主な著書『なぜ人はカルトに惹かれるのかー脱会支援の現場からー』(法蔵館)など。

『歎異抄』「師訓篇」を読む

『歎異抄』はこれまで数多の解説書が出され、様々な切り口で論じられてきました。特に前半部分である「師訓篇」(第一章~第九章)は、親鸞の言葉で構成されていることから、真宗学を学ぶ上で注目が集まってきました。
本講座では、『歎異抄』の詳細な分析をすることはできませんが、そこに示される親鸞聖人の物語った言葉が、なぜ編纂者(唯円)によって聞き取られ、書き記されたのかという点に留意しながら、読み進めたいと思います。ぜひ唯円と同じように親鸞聖人の言葉に耳を傾けていきましょう。

(1)4/11 『歎異抄』への序論――『歎異抄』「師訓篇」を読むとは――
(2)5/16 第一章・第二章を読む
(3)6/13 第三章を読む
(4)7/11 第四章・第五章を読む
(5)8/8  第六章・第七章・第八章を読む
(6)9/12 第九章を読む

講師 難波 教行(真宗大谷派教学研究所研究員)
大阪府生まれ。大谷大学文学部真宗学科卒業。同大学院文学研究科(真宗学専攻)博士後期課程満期退学。同大助教を経て、現在、真宗大谷派教学研究所研究員。博士(文学)。真宗大谷派淨圓寺(大阪府箕面市)衆徒。著書に『たとえば、人は空を飛びたいと思う―難病ジストニア、奇跡の回復―』(講談社)。主な論文に「真影の図画と『教行信証』」、「「共に」を考える―相模原障害者施設殺傷事件を通して」等。

はじめての『無量寿経』講座

仏教には八万四千の教えがあるといわれるなか、浄土宗の開祖である法然上人は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』を浄土三部経と名づけ「ただ念仏して弥陀にたすけられまいらすべし」との教えを説きました。親鸞聖人はその教えをどのように聞き、どのように受け止めていったのか。 『無量寿経』を通して、皆さまとその一端を学んでいきたいと思います。

(1)4/18 『無量寿経』の全体像
(2)5/9  法蔵菩薩の発願
(3)6/6  阿弥陀仏の四十八願
(4)7/18  親鸞聖人における本願の受け止め ①「第十七願/第十八願」
(5)8/15  親鸞聖人における本願の受け止め ②「第十一願/第二十二願」
(6)9/19  親鸞聖人における本願の受け止め ③「第十九願/第二十願」

講師 杉浦 道雄(真宗大谷派称名寺 住職)
愛知県生まれ。同朋大学文学部真宗学科卒業。同大学院文学研究科博士後期課程満期退学。 博士(文学)。擬講。 現在、同朋大学非常勤講師、名古屋真宗学院講師、真宗大谷派称名寺(名古屋市中村区)住職。

ともに安心して活き活きと生きる生き方を仏教に学ぶ

仏教はどういう教えなのか。何のために仏教が生まれ、仏教は私たちにどういう生き方を教えてくれるのか。ブッダ(目覚めた)とはいかなる状態であるのか。それらを学ぶことを通して、現在の自分の生きている相を知り、その気づきから考えること問うことが始まることを願いながら、中国へ伝わる前の仏教について、真城という一人の人間が受け止めていることをお話ししたいと考えています。 

(1) 4/25 仏教とは 仏教が教えてくれる人間のありさま
(2) 5/23 釈尊の歩み-何から解放されたのか-
(3) 6/27 覚りとは-我々はどうなりたいのか-
(4) 7/25 ブッダの教え-見方・考え方-
(5) 8/22 ブッダの教え-具体的な実践-
(6) 9/26 仏滅後の部派分裂と大乗仏教(「ともに」がテーマの仏教)

講師 真城 義麿(真宗大谷派善照寺住職、真宗大谷学園専務理事)
1953年、愛媛県生まれ。大谷大学大学院文学研究科修士課程修了(仏教学専攻)。東本願寺の関係学校である大谷中学・高等学校(京都)教諭を経て、1997年から2011年3月まで同校校長を務める。現在、愛媛県・真宗大谷派善照寺住職、真宗大谷学園専務理事、日本私学教育研究所客員研究員。主な著書に『危機にある子供たち』『真の人間教育を求めて』(法藏館発行)など多数

特別講義 8/29 新野和暢「大谷派の戦争協力」

講座内容(後期)

岡本 英夫(真宗大谷派徳泉寺住職)『観無量寿経』の教えに学ぶ
(1)10/3 (2)11/7 (3)12/5 (4)1/9 (5)2/6 (6)3/5

名和 達宣(真宗大谷派教学研究所所員)『教行信証』の水脈
(1)10/10 (2)11/14 (3)12/12 (4)1/16 (5)2/13 (6)3/12

釆睪 晃(大谷大学教授)中国仏教概論 
(1)10/17 (2)11/21 (3)12/19 (4)1/23 (5)2/20 (6)3/19

瓜生 崇(真宗大谷派玄照寺住職)七高僧の歴史とその教え(後期)
(1)10/24 (2)11/28 (3)12/26 (4)1/30 (5)2/27 (6)3/26

竹橋 太(真宗大谷派儀式指導研究所研究員)真宗の儀式論
【特別講義】10/31

※後期講義の詳細は2月上旬に掲載の予定です

わかりやすい浄土真宗のお話だよ!みんな聞きに来てにゃ!

タイトルとURLをコピーしました